任意売却やローンのご相談は愛知任意売却へ!ややこしい任売の不安、不明点を分かりやすく解説します。

愛知県の任意売却なら

ニンバイ シキュウコール
フリーダイヤル0120-28-4956
年中無休
相談無料
三重県桑名市長島町小島668-2
強制競売、滞納への対抗手段任意売却をご存知ですか?
  
銀行から届いた【督促状】、裁判所から届いた【競売開始決定通知】。突然の法的な書類を前に諦めていませんか?諦めないで下さい!まだ間に合います!『ローンの滞納がある』『ローンが支払えない』『家を手放したい』『手放さず住み続けたい』まずはご相談下さい。悩みや不安、解決します!
強制競売の仕組みとデメリット
 
今あなたがこのまま行動を起こさなければ、あなたの意思とは無関係強制的に立退きさせられてしまいます。その際スケジュール調整はもちろん、引越代金等の支払いも一切ありません。法的機関はプライバシーも守ってくれません。
任意売却の仕組みとメリット
 
当社では任意売却というお客様の意思で選択できる方法をご提案することができます。当社にお任せ頂き買取となった場合、お客様の再出発に必要なお引越し費用をご用意できることもあり、状況によっては住み続けるというご提案もございます。
ローン、税金の滞納により『競売通知』や『督促状』が届いた
×『競売』のデメリット
このまま進むと >>
差し押さえられて強制競売へ
強制執行により立ち退き
相場よりも低い価格で落札される為、
債務が多く残ります
残債務額の返済方法を
相談することはできません
落札者の都合により
何の用意も出来ないまま立ち退き
売却費用は返金に充てられ、
立ち退き費用は出ません
競売物件の情報の公開、聞き込みにより
近隣に知られてしまいます
自分のペースとは関係なしに進み、
気持ち面での負担、ストレスが大きい
◎『任意売却』のメリット
任意売却すると >>
引っ越し費用が出ることも
場合によって住み続けられる
競売より高い価格で落札される為、
債務が減らせます
お話し合いにより
無理なく返済をすることができます
引っ越しの時期などある程度
相談を聞いて貰えます
お話し合いにより、
引っ越し資金の準備が可能な場合も
近隣に知られることはなく、
プライバシーが守られます
お話し合いにより、条件によっては
そのまま住み続けることもできます
ローンの滞納が始まってから、4~6ヶ月程度で強制競売が執行されます。
相談が早ければ早いほど任意売却で解決できる可能性は高くなります。
よく頂くご質問

現在住宅ローンを滞納しており、今後も払える状況ではなく困っています。このまま滞納が続くとどうなってしまうのでしょうか?

このまま滞納が続くと強制競売や任意売却などの方法で不動産を失うことになります。まずは、銀行窓口に支払い方法・スケジュールの変更を相談してみてください。もし親族などの資金協力が期待できる場合は全額、または一時金にて滞納額を返済してください。それでも無理そうな場合は任意売却をご相談ください。

住宅ローンの滞納により競売決定通知書が届きました。もうこの家はとられてしまうのでしょうか?

お客様の状況によっては住み続けて頂くこともできます。実際に住み続ける事で解決リースバックという方法です
お家を購入希望者の方に買い取って頂き
低家賃で住み続ける事ができる方法です
した相談者様もいらっしゃいます。

競売決定通知書が届きました。このまま放置するとどうなりますか?

競売により落札されてしまうと、引っ越し費用の確保もできないまま強制退去役所や金融機関はスケジュールや要望を聞いてくれません。
落札が決まった時点で正式に他人の持ち物になってしまう為、
なかば追い出される形での明け渡しとなります。
となります。引っ越し準備期間もない為、引っ越し先も決まっていない状態で途方に暮れる事になります。その際の精神的苦痛や負担はかなり大きなものとなってしまいます。

任意売却の方が競売されるよりも高く売れると聞きました。本当ですか?

通常、競売になった物件はリスク・明け渡されるまで内部を見ることができない
・不法占有者がいるなど、立退きのきをめぐって
 トラブルになる可能性がある
・購入にあたって、銀行のローンが付きにくい
が有る為相場の約60~70%程度の価格で落札されます。任意売却では購入希望者は不動産屋を通し、普通の物件とほぼ同じ条件で買うことができます。だから、競売のように極端に安い価格で売り出す必要がない為、競売より高い値段が付きます。

任意売却をするのに、どのくらいの費用が必要ですか?

現金をご用意頂く必要はありません。相談料を請求することもありません。成果報酬は任意売却が成立した時に発生する不動産の売却代金の中から頂くことになる為、現金を用意してもらう必要はありません。万が一任意売却ができなかった時でも、相談料等を請求することはありませんので、現金が用意できないからといって諦めずにまずはご相談ください。

どうして任意売却を勧めているの?

任意売却のデメリットって?

強制競売は放置しておけばそのまま進んでいきますが、任意売却ではそうはいきません。売却活動時に室内の見学に立ち会って頂いたり、不動産売買契約行為をする為の時間を割いて頂く必要があります。そういった意味ではそのまま進んでいく強制競売の方が楽かもしれません。

任意売却後に残った債務(ローン)はどうしたらいいの?

強制競売になってしまった場合は一括返済が原則ですが、任意売却の場合は債権者様と交渉して月々分割し、少しずつ払っていく残った債務は負担の少ない額に減らしてもらえるよう債権者様に当社が交渉させて頂きます。担当の弁護士、税理士がお金にまつわる重~い負担を解消できるように全力でサポート致します。ことが可能です。残債の整理や減税が必要な場合も、顧問弁護士をご紹介しますのでご安心ください。

現在住宅ローンを滞納しており、今後も払える状況ではなく困っています。このまま滞納が続くとどうなってしまうのでしょうか?

このまま滞納が続くと強制競売や任意売却などで不動産を失う事になります。まずは銀行窓口に支払い方法やスケジュールの変更を相談してみてください。もし親族などの資金協力が期待できる場合は全額、または一時金にて滞納額を返済してください。それでも無理そうな場合は任意売却をご相談ください。

住宅ローンの滞納により競売決定通知書が届きました。もうこの家はとられてしまうのでしょうか?

お客様の状況によっては住み続けて頂くこともできます。実際に住み続ける事で解決した相談者様もいらっしゃいます。

競売決定通知書が届きました。このまま放置するとどうなりますか?

競売により落札されてしまうと、引っ越し費用の確保もできないまま強制退去となります。引っ越し準備期間もない為、引っ越し先も決まっていない状態で途方に暮れる事になります。その際の精神的苦痛や負担はかなり大きなものとなってしまいます。

任意売却の方が競売されるよりも高く売れると聞きました。本当ですか?

通常、競売になった物件はリスクが有る為相場の約60~70%程度の価格で落札されます。任意売却では購入希望者は不動産屋を通し、普通の物件とほぼ同じ条件で買うことができます。だから、競売のように極端に安い価格で売り出す必要がない為、競売より高い値段が付きます。

任意売却をするのに、どのくらいの費用が必要ですか?

現金をご用意頂く必要はありません。相談料を請求することもありません。成果報酬は任意売却が成立した時に発生する不動産の売却代金の中から頂くことになる為、現金を用意してもらう必要はありません。万が一任意売却ができなかった時でも、相談料等を請求することはありませんので、現金が用意できないからといって諦めずにまずはご相談ください。

どうして任意売却を勧めているの?

1.競売より高値の市場価格とほぼ同等の値で売却できる。状況によっては住み続けることも可能。
2.ご近所様にも一般的な中古物件の売却と同じ見せ方ができ、プライバシーの侵害など精神的負担が少ない。
3.不動産のプロが債権者様と交渉する為、引越しの日程費用面で融通が利く。
4.引っ越すことになって新しいお住まいご一緒にお探しさせて頂きます。
5.住宅ローンの支払いを止めたまま売却活動ができる。以上のメリットがあるからです。

任意売却のデメリットって?

強制競売は放置しておけばそのまま進んでいきますが、任意売却ではそうはいきません。売却活動時に室内の見学に立ち会って頂いたり、不動産売買契約行為をする為の時間を割いて頂く必要があります。そういった意味ではそのまま進んでいく強制競売の方が楽かもしれません。

任意売却後に残った債務(ローン)はどうしたらいいの?

強制競売になってしまった場合は一括返済が原則ですが、任意売却の場合は債権者様と交渉して月々分割し、少しずつ払っていくことが可能です。残債の整理や減税が必要な場合も、顧問弁護士をご紹介しますのでご安心ください。

copyright(C)2018 Aichi real estate all rights reserved.